結婚指輪を選ぶ際は|毎日の生活もイメージして

幸せドレスの選び方

ドレス

妊婦のウエディングドレス

結婚が決まると同時に妊娠が発覚することがあります。また現在は授かり婚とも呼ばれ、先に妊娠が発覚してから入籍となることもあります。いずれの場合もご縁を強く感じられる結婚として、現在は数多いパターンでしょう。とてもおめでたいことですが、結婚式でウエディングドレスを着られるかどうか不安な花嫁も多いようです。そのような時でも、ウエディング用のマタニティドレスがあるので安心です。一昔前のマタニティドレスには選択肢が少なく、可愛いとは言えないデザインのものも多くありました。しかし現在は花嫁が妊婦というパターンが増え、可愛いデザインのドレスが数多くあります。結婚式の頃のお腹の大きさを想定し、なるべく締め付けの少ないものを選ぶのがポイントです。少しでもきついものを選ぶと、式の間中体調不良となってしまいます。

参列者側のドレス

また参列者側にも、フォーマルタイプのマタニティドレスが必要な人もいるでしょう。そのような場合のマタニティドレスは、ウエディングドレス以上に選択肢が多くあります。それだけに、選び方にはコツがあります。まず、バストの下にリボンやベルトがあるデザインは、避けた方が無難でしょう。妊娠初期の場合は問題ないこともありますが、中期や後期の場合はどんどんサイズが変わり、それが締め付けとなってしまいます。同じく、ファスナーが付いているタイプにも注意が必要です。どんどんサイズが変わる妊娠中は、場合によっては閉まらないこともあるためです。また、コクーンタイプのドレスにも注意が必要です。お腹が目立つ妊娠中期以降は、お腹で生地が上がってしまい、思っていた以上にミニ丈になってしまうことがあります。体形変化を計算に入れ、締め付けがないタイプを選ぶことがポイントです。